トップナパヴァレーとは

カリフォルニアの地図

地形

両側を山に挟まれたナパヴァレーは北西の方向に約50キロに伸び、ナパ市街近郊の最も幅広い地域で約8キロ、北端のカリストガではわずか1.6キロと細長い形状をしています。

このヴァレーを二分しているのがナパ川。北端の水源から小さな支流が集まり、ヴァレーの先細りな形状に沿って流れるこの川は、南端になると船が入れるほど大きな川へと変身します。ヴァレーの地形は変化に富み、海風の吹き抜ける南の平坦地、そしてなだらかな丘陵地から、先細った北のカリストガの町に近づくと、東側はセントヘレナ山の麓を見下ろすようにそそり立つパリサイド山脈の壁面が、また西側は森林の多いマヤカマス山脈が横たわっています。

Napa Valley

ナパヴァレーの穏やかな気候はオレンジ、プルーン、リンゴ、オリーヴなどといった幅広い種類の果実や野菜を育て、まさに収穫物の宝庫。しかし、ナパヴァレーならではのユニークさは、やはりワインとなる葡萄の生産に素晴らしく適していることでしょう。海の影響により冷涼な夜間と温暖な日中の気候のコンビネーション。痩せた土壌。これらが複雑に作用して、凝縮味、複雑味ともに、豊かなバランスのよい葡萄を生み出します。

マイクロクライメット(微小気候)が各地に存在し、多様な土壌の種類に恵まれるということは、葡萄畑によってスタイルや個性の異なる葡萄を産するという意味です。しかし、どの畑にも共通するのはやはり品質の高さです。

ナパヴァレーの葡萄畑は、太古からの地殻変動を通して進化してきました。カリフォルニア州がそうであるようにナパヴァレーでも、非常に活発な地殻変動を経験しています。カリフォルニアは、地球上のプレートが北アメリカ大陸にぶつかることにより、誕生しました。その結果、ここには多くの地質断層が存在します。それが、ナパヴァレーの地形や、その周辺を包囲する山脈を形作ったわけです。

約200万年前、この地域には活発な火山活動が見られました。火山の爆発が何層もの火山灰や、ソノマ・ヴォルカニックスと呼ばれる溶岩を、現在のナパ、ソノマの両郡、特にマヤカマス山脈沿いに堆積させました。ヨーントヴィル北に見られる小さな丘も、この火山活動によって形成されたものです。

サンパブロ湾の海水が、ヴァレーの南部に侵入と後退を繰り返したため、粘土や砂の多い堆積土が南部の土壌には多く見られます。その基盤岩は、目の粗い砂岩から海洋性の礫岩、そして火山性の玄武岩、擬灰岩と様々です。これらの母岩が土壌に保水力、キメの細かさ、肥沃度といった点で異なる特徴をもたらしています。


ナパヴァレーについて

歴史と変遷

便利な情報

主な葡萄品種

土地とテロワール

アペレーション

関連リンク

アペレーションマップ

Learn about the Napa Valley Vintners Napa Green Certification Program

トップ  |   ナパヴァレーとは  |   ワイナリーリスト  |   オークション・ナパヴァレー  |   プログラム&イベント  |   ナパヴァレーのワイン  |   メディア
問い合わせ

© Copyright Napa Valley Vintners